南熱海多賀観光協会のサイトへようこそ

長浜にあらたな魅力が加わりました

南熱海多賀観光協会のサイトへようこそ!
風光明媚な伊豆半島の入り口にあります観光協会は海の幸、山の幸、レジャーを存分に楽しんでいただける情報を発信しています。
最新のお知らせやお店からのニュースも発信しております。
ぜひ、ご覧下さい。

 3/16に大型遊具の完成式が行われました。多賀観光協会もお菓子と手作りのオモチャ(竹トンボなど)を先着100名様にプレゼントしました。
 人気はやはり大型の複合遊具です。ロング滑り台、回転スライダー滑り台、くねくねトンネル滑り台、3人一緒滑り台が四方に設置されています。
 国道側には海賊船をイメージした遊具、海側にはクジラをイメージしたネットジャングルジムとトランポリン、北側には3歳未満児を対象としたキッズエリアが整備されています。
※注:利用時間には規制がありませんが、怪我をしないように、楽しく遊んで下さい。

2017年のうみえーる長浜は、毎週末、足湯を開設してます。

午後の利用状況です(茨城県からのお客様でした)。

●開設期間 : 毎週土曜日と日曜日+祝日
●開設時間 : 午前 9時~午後 3時

弥生(後期)特設市を開催します。

ステージやパフォーマンスをお楽しみ下さい

【3月】=弥生
・ 開催期間 : 3/18(土) ~ 3/20(月・祝)
・ 開催時間 : 午前9時 ~ 午後3時
・ アトラクション
 ※ 3/19 : 目黒ひとみさんのライブ・ステ-ジ

 
※ 3/20 : 田中みどりさんのライブ・ステージ

 
※ 3/18~20 : フリースタイル・フットボール(コースケ、イブキ)


・ フリーマーケットも合わせて、開催します。





 

直売所が営業中です!

毎週 金曜日~月曜日

 柑橘を中心とした直売所です。特設市などのイベントのある土曜日や日曜日には野菜も並ぶことも。
 2月となり、現在出荷されているのは、昔ながらの普通温州みかんと青島みかんに寿太郎、ネーブル、デコポン、はるか、はるみ、ハッサク、甘夏(ニューセブン)、晩白柚(文旦の仲間)など中晩が加わっています。
 青島みかんはそろそろ終わりとなり、皮がやわらかくなってきました。熟成し甘みが増していますが、その分、傷みもでます。直売所では、通常の袋売り(1kg位)と籠やコンテナ売り(10kg)もあります。


(青島みかん:普通温州みかんより扁平。房の皮が厚く、貯蔵することで熟成する)

 
(ポンカン)

 
(寿太郎みかん:西伊豆で発見された糖度の高いみかん)
 

(ネーブル)


はるか


早崎文旦


晩白柚(バンペイユ):300~500円…早崎文旦の倍くらいの大きさになります。果肉が厚く、お菓子の原料にもなります。

 
(金柑=キンカン)
        
柑橘以外にも、こんな物が出荷されています。
 ※ 地元産の「はば海苔」。暖冬で年々収穫量が減少しており、とても貴重な故郷の味です。関東以西では「ナノリ」がお馴染みの様です。


はば海苔(900円/枚)


(甘柑=カンカン。橙の皮をむき、グラニュー糖をまぶした珍菓)


(柚子ジャム…レモンの2倍のビタミンC)


生姜ジャム(煮魚、焼き鳥、照焼、パン、紅茶にも)


(各種コンフィチュール:)


ポンカン・ジャム(400円)


橙ジャム(400円)


(陳皮唐辛子:鍋焼きうどん・ソバの薬味に)


(燻製塩=天麩羅にも、)


(オイル漬け:ソーダカツオの燻製…網代港で水揚げされた新鮮なソーダガツオを燻製にし、味と香りをオリーブオイルで閉じ込めました。お酒のお摘みでも、ザワークラフトを挟んだサンドイッチは最高!)


(仏手柑(ブシュカン):奇妙な形ですが、みかんの仲間です。仏様の手に見えることからこの名前が。果物ですが、切っても汁の入った房はありません。香りが高く、縁起物や生け花に使用されることも。苦みが強いのですが、現在、ジャムの試作中です。お楽しみに)


(地海苔:¥600円)寒い時期に摘んだ海苔


(青磯海苔:¥400円)みそ汁にも、お雑煮にも!)
※ 特設市開催中は、「大和海苔」さんで販売されています。

直売所は、毎週金曜日~月曜日に営業します。ご来場をお待ちしています。
 

お知らせ

2017-03-15
3/1は「オリジナルTシャツの日」です!
2017-03-15
3/1は「オリジナルTシャツの日」です!
2017-02-12
大型遊具の工事がすすんでいます。
2017-01-15
どんど焼きが行われました。