観光情報

長浜海水浴場のご案内

 目の前に広がる広大な海!夏の多賀は海水浴で決まりです。施設も充実した海水浴場のご案内です。

[遊泳可能期間]

  • 令和3年の海水浴場は開設されませんが、遊泳は可能です。期間は、7月17日(土)~8月29日(日)です
  • 海水浴可能期間には、ライフガード(監視ではなく、管理)・安全施設(遊泳可能エリアを示す安全ロープ・監視台)・便益施設(無料シャワー)が整備され、海の家・フードコート・有料温水シャワー・コインロッカーなどのサービス施設も利用できます
   ※暑い日が続いています。今年度も遊泳可能はこれまでより1週間短くなっています。期間外での遊泳される方が散見されますが、この期間外にはライフセーバーや海水浴設備は完備されていません。特に安全については、ご自分で確保して下さい。

[駐車場]
  • 営業時間 : 午前8時~午後5時までの間「有料営業」となります。
  • 災害派遣の車両や駐屯のため、芝生広場は駐車ができません。駐車スペースは7/13現在、例年の半分以下となっています。午前8時まえでのご来場はご遠慮下さい。
  • 駐車場受付で駐車料金を精算して下さい。
  • 駐車料金は、一般1,000円、市民や市内宿泊者は500円、その他バイクやマイクロバスの料金体系があります。市内宿泊者割引を受けるためには、宿泊したことを証明する物(宿泊領収書や予約票など)を駐車場スタッフにご提示下さい。
[花火広場]
  • 常時2人以上のスタッフが受付におり、消火用の水バケツ、ロウソク、ライターを無料で貸し出し、花火の残りカスも受付で回収し、処理しています。
  • 利用時間 : 午後7時~9時。終了15分前までに来て下さい。それ以降は利用をお断りすることもありますので、注意を。酩酊しての利用もお断りします。
  • 花火広場は、火気使用禁止(花火を含む)であるビーチを区域を限り、多賀観光協会が清掃や火の始末をしっかり管理するということで、実施にこぎつけたイベントです。「青いLEDチューブ」で最大約800㎡(20m×40m)を囲った中で行われます。
  • 利用料は「無料」です。
  • 花火は持ち込みも可能ですが、宿泊施設や観光協会でも販売しています。
  • 2時間と限られた時間ですが、安全に楽しく夏の夜の思い出を作ってもらいたいと考えています。花火広場の会場は、「うみえーる長浜前のビーチ」です。噴水型の花火は出来ますが、打ち上げ花火は安全面と区域外の清掃ができないことなどから「禁止」となっていますので、念のため。
  • スタッフは昼間の仕事の後にこのイベントに従事しており、正直、キツイと思うこともありますが、帰り際の子ども達の笑顔やお礼の言葉に励まされています。長浜の近くにお泊まりの方は、一度、覗いて見て下さい。手ぶらでも楽しめます。

長浜海浜公園施設のご案内

長浜海浜公園は充実した施設で皆様をお待ちしております。
海水浴や特設市、物産直売所など盛りだくさんです。

年間イベント情報

一年を通じて、さまざまなイベントが開催されています。
美味しいグルメイベントから楽しい物産展、花火やお祭りなど、ぜひ、チェックしてください。

ながはま特設市

ここでしか味わえない地場グルメが集結!
新鮮な海の幸からあじわい豊富な山の幸まで、お腹一杯満喫してください。

湯ったり温泉情報

施設内には足湯も完備!旅の疲れを癒してください。
また、周辺の温泉情報もこちらで確認してください。

絆な情報

東北支援物産展を通じて東日本大震災の支援を行っております。
また、昔遊び等を通じて家族の絆も大切にしております。

文化・観光施設情報

ちょっと寄り道するもの旅の醍醐味ですね。
当観光協会周辺の観光施設をご紹介します。