和太鼓と尺八の競演(2018-01-22 16:43:55)

 晴天に恵まれた1/22(日)、午後1時から約45分間でしたが、瀧川佳宏さんとマルコ・リーンハードさん、そして、今年からカホンとして加わったイツキさんによる和太鼓と尺八、三線とカホンの競演が行われました。

 瀧川さんは長浜には3回目、夏のビールフェスタにも出演していただいたことも。
 マルコさんは、鬼太鼓座(オンデコザ)に所属したこともあるスイスの方で、現在は独立して世界各地で演奏活動をしているそうです。何しろ背が高く(190cmを超えているかも)、尺八が小さく見えました。

ステージは瀧川さんの「月の谷」という曲で始まり、カホンと一緒に三線で「あさどや・ゆんた」と続きます。

瀧川さんの軽妙なリードで、「はいさい・おじさん」を聴衆も一緒にカチャーシーの手振りで盛り上がります。

次に法被姿で登場したのが、マルコ・リーンハードさん。最初の曲はオリジナルの「八丈=八丈島」、続いてみんなが知っている「五木の子守歌」や「荒城の月」をアレンジした曲となりました。

次は、瀧川さんとの競演「太鼓と尺八」、「横笛と大太鼓」、最後は「大太鼓」を二人でたたいてくれました。

 アンコールの声もあがり、「ビギニングス」という曲で締めくくってくれました。