第2回静岡県セーリング選手権大会が開催されました(2017-11-21 16:35:09)

 11/19(日)、長浜沖の海上では第2回静岡県セーリング選手権(チャンピョンシップ)大会が開催されました。

開会式…地元の越村市議会議員も挨拶されました。

風速2~5m/秒と天気にも恵まれ、県内から41艇が参加しました。風向がめまぐるしく変わったため、選手は操船に繰ろうしたようでしたが、事故もなく無事終了しました。地元熱海からも17艇が参加しました。

レースの状況
 

 レースは4部で行われました。
 順位は、3回トライした、各レースのタイムを船の種類ごとにハンデを付け、総合点で決まります。
 また、コースは海に浮かべた3つのブイ(長辺が約600mの直角三角形)を周回するもので、風上に向かってスタートします。風上に向かうため、ジグザグにヨットを操るのだそうです。

レース終了後


○ シングル・ハンドクラス…25艇が参加
  1位 : 水野 本(三保) …SH
  2位 : 石塚恒志(浜名湖)…SH
  3位 : 三浦凪砂(浜名湖)…LZR
   ※ ちなみに、熱海出身者の最高順位は、8位の近藤滋さんでした。


○ スループクラス…5艇が参加
  1位 : 石川啓子・神戸孝一(熱海)…FJ
  2位 : 長谷川勝啓・大智帆風(浜名湖)…テーザー
  3位 : 高田陽介・田畑詠一郎(熱海)…420


○ OP Aクラス
  1位 : 内田愛理(清水)
  2位 : 内田幸恋(清水)
  3位 : 山田虎之助(清水)


○ OP Bクラス
  1位 : 池ヶ谷悠理(清水)
  2位 : 田辺雅弥(熱海)
  3位 : 峯田龍(熱海)


閉会式