大型遊具が人気です(2017-04-06 07:15:41)

 平成29年3月16日、長浜海浜公園に新たな魅力(低学年向きの大型遊具)が加わりました。熱海市内には公園が少なく、特に街中には。さらに魅力ある遊具のある公園は渚小公園だけ。こんな状況を解消するため、街中ではないけど駐車場が確保されている長浜海浜公園が設置場所として選ばれたようです。
 人気の第1はたくさんの種類(長い、短い、幅広い、クネクネ、トルネード)のスライダーのある複合遊具。








 

 その他にも、海賊船、鯨のジャングルジム、シーソーなど魅力的な遊具があります。
 小さなお子さんをもつママに人気なのが、3歳未満の幼児専用のキッズエリア。周囲をフェンスで囲まれており、足元はゴムチップ、ママは安心していられるようです。



【お願い】
大人気ではありますが、問題も発生しています。それは路上駐車。利用者の半分は観光客(他県ナンバーが半分)、国道135号線からも見えることからトイレ休憩やちょっと寄っていこうという方々。従って。正規の駐車場が満車の時は、幅広い通路のあるロータリーや歩道への路上駐車。
 年齢の高い小学生が遊具で遊ぶのに飽きると、周辺の園路に移動します。ローラースケートや自転車で走り回ります。路上駐車した車の間から飛び出し、通過中の車の前に。「ヒヤリとした」「危ない、何とかしないと」という声が観光協会にも。
 南側の大きな駐車場を利用してくれれば良いのですが、…。ロータリーからは国道に出ることなく、南側駐車場に移動できる通路もありますが、その入り口にも駐車車両が。応急措置として「子供飛出・最徐行・駐車禁止」と表示した赤いコーンを遊具周辺の園路際に設置しましたが、…。
 また、北側芝生でグランドゴルフをしている老人会に協力(練習を平日に移行)してもらい、土日は芝生広場を臨時駐車場として開放することにしました。それでも、路上駐車は減りません。
 遊具はにげません。正規の場所に駐車して楽しく安全に遊んで下さい。路上駐車をすることで事故を誘発してしまうこともあります。

芝生の臨時駐車場