第30回伊豆多賀「わかめまつり」に13,600人が訪れました(2015-03-11 20:14:16)

 標記イベントが3/7~9の3日間、開催され、13,600人が訪れました。3年連続で来場が増加しており、旬の物産(わかめ)の魅力が認知されてきた様です。
 イベント初日(3/7)は、朝から雨模様。早朝から準備をしているスタッフもお客さまが来てくれるか心配そうです。
 イベントは予定とおり9時に開会しました。富岡大会会長のあいさつにも、「昨年も雨で…」という言葉が、それでも伊豆多賀の旬のわかめ、特に生わかめの美味しさを是非、ご賞味下さいとアピール。山田実行委員長も力強く開会宣言をして、イベントがスタートです。
生憎の雨スタートですが、9時にはイベント広場はたくさんの人で溢れました。
 やはり一番人気は「詰め放題コーナー」です。開会と同時に、あちことから「500円玉」を握った手が差し出されます。みなさん、袋を広げ、それぞれのやり方で少しでも多く入れようとがんばります。
 手が汚れるのがいやな方は、販売コーナーへ回ります。販売コーナーとわかめみそ汁とメカブサラダの無料試食コーナーには、地元の静岡中央銀行と三島信用金庫網代駅支店の皆さんがスタッフとして、ボランティアで応援に来てくれています。
 幸い無料試食が始まる10時には雨があがり、コーナーの前には列ができました。